アリナミン

アリナミン

自分にとってアリナミンは栄養ドリンクなイメージです。
まぁタブレットタイプもあるんですけどね。

 

 

疲れをとるフルスルチアミンを配合していて。
他の栄養ドリンクより、効果が高いイメージがあります。

 

 

そんなアリナミンの良さや効果。
いろいろ思ったことを書いてみようと思います。

 

 

 

アリナミンは疲れをとる

アリナミンは疲れをとる効果が高いとされています。

 

 

ドリンクタイプだけではなく、錠剤タイプも販売されています。

 

 

アリナミンの疲れをとるしくみが
【ビタミンB1誘導体フルスルチアミン】
です。

 

たしかビタミンB群って疲れをとるのに効果的であって。
このフルスルチアミンっていうのは、よりよくビタミンB群を効果的に摂取できるんだっけかな。

 

 

用はアリナミンっていうのは、ビタミンB群を効率よく摂取できる製品ってことですね。

 

 

 

 

 

アリナミンを販売しているのは武田薬品

アリナミンを販売しているのは武田薬品です。

 

どうもこの武田薬品は、国内の製薬会社ではトップの企業らしいですね。
まぁトップなのかどうかは、その年によって変わると思うんですが。

 

大手企業なことには違いないです。
他に有名な製品としてはベンザブロックなんていうものがあります。
名前ぐらいは聞いたことがある人もおおいかと。

 

 

その大手武田のアリナミンなので。
そういうところを知っていると、より期待できると思います。

 

ちなみに製薬会社としては

  • 武田薬品
  • アステラス製薬
  • 第一三共
  • 大塚ホールディングス(大塚製薬)

これらが有名ですね。

 

大塚ホールディングスの子会社となっている大鵬製薬はチオビタドリンクを販売しています。

 

 

大手企業の製品なら
「変な製品は売れないだろ」
って思うことができます。

 

もし変な製品を販売して、大問題になったりしたら。
信用がなくなって、それこそ会社が傾きますからね…。

 

こういう体に関するものは、信用が重要になりますから。
変な製品は出さないはずなので。
その思いが安心につながって、結果がでることはよくあります。

 

 

アリナミンは値段が高いですけど。
値段が高いっていうのも
「値段が高いから質も良いんだろう」
と思えて、精神的に安心して結果がでやすいわけですね。